女の人

iPhoneの性能とそれを引き出す開発者の努力

このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目だけではないカバー

携帯アクセサリー

アイフォン6sには、変わったデザインのカバーが販売されています。車のナンバープレートをモチーフにしたものがあったり、カメラの形をしたものやゲーム機の形をしたものもあります。中にはもはやカバーと呼んでよいのか分からないほどにカバー以外の部分が余分についているものもあるのです。それに対して、実用的なものも多数存在します。カバー自体にUSBメモリが搭載されていて、交通手段などで用いられる電子マネーなどの支払いが可能となるカバーがあります。

アイフォン6sは、初代登場から数多くの進化を遂げ、今ではその性能はパソコンにも迫るほどのものになっています。しかし、その外観はほぼ変わることなく、シンプルさを保っています。その形であるがゆえにカバーを作る制作会社側もつくりやすいというメリットもあるのです。アイフォン6sは新しい機種であるため、傷つけたくないという理由でカバーを購入する人がほとんどかと思いますが、カバーの種類によってはそれをオシャレとして見せるカバーも存在します。カバーといえば、外観を囲むデザインというのが本来ですが、手帳型のものやポーチ型のものもあります。

世界でもトップクラスのアイフォンシェア率を誇る日本では、アイフォン6sも同様に既に所有している人が多くいます。そのため、今後もアイフォン6s用のカバーが増え、見た目や使いやすさ、機能性を重視したものも登場することでしょう。今後の新商品にも期待が高まります。